久しぶりに更新したなあ

お久しぶりです。長い事更新できてなくてすみません。私事が忙しくて暫くバタバタしてました;落ち着いたらまた色々書くつもり。

非モテ本に寄稿しました

http://d.hatena.ne.jp/khriltaimenbers/ の方に既に書いてありますが、夏コミ(コミックマーケット70)3日目(08/13)にて発行される『奇刊クリルタイ』に寄稿させて頂きました。 本誌では“犬下篠”と名乗ってます。「こういう時はPNが必要かなあ」と思い、i…

現代女性に向けられている視線の苦しさ

地下鉄沿線情報誌(¥0)の投稿欄の一投稿を読んで激しく激しく同意してしまったのでここに引用。 (略) 仕事を選べば負け組、結婚すれば子供を1人だけではなく、2人3人と要求され、専業主婦は怠け者のように責められ、子供を預けて働きに出れば「子供がか…

環境による「モテなきゃ圧力」の違い

「性愛」格差論―萌えとモテの間で (中公新書ラクレ)作者: 斎藤環,酒井順子出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2006/05/01メディア: 新書購入: 2人 クリック: 44回この商品を含むブログ (117件) を見る 酒井:斎藤(環)さん自身の青春時代は? 斎藤:もち…

【思いつき】どうせ非モテだからチャットでもしようぜ!【突発テストversion】

(テストなので、実施以降はこのエントリは消去する場合があります) 突然ですが本日(05/19)「はてなわんわんワールド」にいます。 http://world.hatelabo.jp/ はてなのサービスしている簡易チャットです。(はてなID必須) じかん:05/19 23時〜適当 ばし…

欲望される性ってこんな感じ?

上のエントリの付け足しですが、kmizusawaさんの日記へのmasao_hateさんのブクマコメントがちょっと気になった。 id:masao_hateさんの発言 http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/kmizusawa/20060513/p2 「ありのままの自分」に好意を寄せられ…

文化系女子モエ?欲望されてもイヤ、欲望されなさすぎてもイヤという複雑骨折女子心

(このエントリはのんびり書いていたらだんだん話題遅れっぽく……せっかくなので載せておきます。まとまってなくてすみません)外してるかもしれないけどついでに書いておく(kmizusawaの日記) http://d.hatena.ne.jp/kmizusawa/20060513/p2などで色々言及さ…

旅人の論理

(上のエントリの続きです)この『私とハルマゲドン』にある「ケンカの時は相手の土俵に乗らない」ことと「旅人の論理」が特に好きで……。ネット上に「旅人の論理」の部分の文章があったので以下引用。 人間が生活するためには、結局なんらかの組織に依存する…

声をかけることが出来ないのが何より非モテの証拠です

3次会のカラオケBOX(喋りばかりで誰も歌わなかったが、下らないカラオケなんかより話が面白すぎるので全然OK)でたけくま氏の横に座る機会があったのに何も言えなかったチキンな私……(泣)今思えばあの時せめて「ふぁ、ファンでぇす」などと一声かける位の…

ラジオクリルタイ公開録音に参加したよ

連休中にちょうど上京していたので*105/06に行われた「ラジオクリルタイ」公開録音イベントに参加してきました。 http://www.voiceblog.jp/hatenahimote/ http://d.hatena.ne.jp/khriltaimenbers/ 大変面白い(興味深い)イベントでしたよ!クリルタイの皆さ…

連休中なので久々に更新&レス遅延のお詫び

レスが遅れていて、その影響で更新もままならぬーという感じです。なに書いてもどこからかYatsu-Atariされそうでコワイってのが一番大きな理由ですね(苦笑) GW中に一つも更新できないのはなにか寂しいので、書きためたファイルの中から2個ほどエントリをア…

友達100人はいらないよ

「ともだち100人出来るかな」って歌があるけど、あれは「友達至上主義」ってことなのかな?とふと思ったり……いや、それは冗談ですが、あの歌からは恋愛至上主義と同じレベルの強迫観念を感じるのは確か。「恋愛しなきゃ」と同じ「友達いっぱい作らなきゃ」と…

「自然な出会い」って?

漫画雑誌「kiss」(講談社)を*1時々読んでいるのですが、ちょうど目に付いたある漫画のセリフが印象に残りました。のでちょいと引用。米沢りか「30婚」(漫画喫茶で読んだので何号掲載分か正確なデータを失念、すみません) 30歳未婚女性の主人公が結婚した…

レス等遅延のお詫び

レスする事項をのーみそ捻っていろいろ考えてたんですが、現在多忙期間に突入してしまいレスしてる暇がありません。 来週中には何とかレスしたいと思いますのでもう暫くお待ち下さい。スミマセン

もうちょっと

先日のエントリへのコメントはもうちょっと待って下さい、体力無くて;(知力もアレだが体力はもっと無いのだ)困ったね。

フェミニズムはみんなのもの!

服飾も恋愛も「好き嫌い」では済まない -「非モテ」即ち「ミソジニー」という短絡に辟易(Niemals-Gasse) http://d.hatena.ne.jp/Leiermann/20060316/p1というエントリを発見。「当blogに対してのコメントかしらコレ。ちょうどタイムリーな話題だし……」と思…

恋愛至上主義(恋愛絶対主義)を疑う

更新をサボっていた間に何を考えていたかというと「恋愛至上主義(恋愛絶対主義でもOK)が非モテ&喪男&喪女をこじらせているのではないか?」ということでした。 「恋愛資本主義」(あかほりシステム)の悪徳性については『電波男』以降あらゆるblogで語ら…

残念です

お久しぶりです。非モテ話題はチェックしていたのですが、私事が忙しかったり興味ある事柄について勉強していたりしてご無沙汰しておりました。 「そろそろ久々に更新するか……」と思い文章を考えていたところ*1、また「喪男道」のまな板の上の鯉俎上に乗せら…

真面目が一番でDQNは大嫌いです

おっ、有名喪男blogであるところの「喪男道」にヲチ、もとい取り上げられちゃったよー。意見や反論もしたいんですが、しかし残念ながら今あまり暇がないので今は少しコメントを残すだけにします。 真面目だけど厄介な女性(喪男道) http://shrak.blog17.fc2…

モテないと言うには早すぎて

以前当blogに書いた 真剣10代しゃべり場「モテる」ってどういうこと?」 (2006年01月27日放送分)見ましたよ。 http://www.nhk.or.jp/shaberiba/今回の提案者は、下北(青森じゃなくて東京都23区の方)にいそうなアジアン系ファッションの女の子、渡辺さん。 …

異性を悪者にする思考停止状態

書籍やblogで特に最近よく見かける「男はこれだから」とか「女はこれだから」的な、「問題を異性全般に押しつける人」って一体何なんだろー。「○だから○○だ!」って決めつけられても……大体、同じ 男/女 でも個人差って大きいですよ。異性を悪者にする人って…

正月は社会からのプレッシャーを受ける時期ですね

あけましておめでとうございます。今年も不定期で細々と書きつづっていく次第です。新年早々で恐縮ですが、今日の悩みを聞いてください。 大学時代の後輩(29歳女性)から届いた年賀状@一家集合写真(夫・子・一戸建て持ち)がまぶしくて見れません……! ボ …

クリスマスはルサンチマンMAXデー

クリスマス過ぎたらblog名変えようかな。あまり考えないで付けた名前ですが、さすがにクリスマス過ぎてこの名称だと一寸恥ずかしい(苦笑)今年のクリスマスイブ−クリスマスは土日なんだね。私は25日にライブ(コンサート)に行きます。渋谷まで行くんだけど…

「ガイアの夜明け」の結婚特集見た

先日のエントリで書いた番組です。ちょっと忙しいのでメモ程度に感想。前半は「ふーん。色んな商売があるのね」という感じで普通に興味深く見ました。需要のある所に供給(今回の場合はお見合い産業)が発生することはまぁ良くある事なんじゃないですか?………

テレ東「ガイアの夜明け」で現代の結婚事情特集

日経スペシャル「ガイアの夜明け」(テレビ東京系) http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/index.html 12月20日放送予定「結婚しない男たち〜30代 未婚率42%の理由〜」 http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview051220.html 30代前半男性の未婚率が急…

自ギャグ

真面目な話ほど、どこかに「笑い」がないとダメだと思うのです。堅苦しい文章だけでは人はついてこないだろう……あの「オウム真理教」の麻原にも案外ユーモアがあったらしいからなあ。(竹熊健太郎『私とハルマゲドン』参照) ということでネタで笑いを取って…

非モテ女の『電波男』感想

電波男作者: 本田透出版社/メーカー: 三才ブックス発売日: 2005/03/12メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 343回この商品を含むブログ (411件) を見る「喪闘気」という単語を出したついでに非モテ女の自分が『電波男』についてどう思っているのか書いておく…

モテなくて苦しい2つの理由

しばらくblogを書くことから離れていたら他blogにて非モテ論議がますます盛んになっているようで。プチ浦島太郎気分です。……余談はさておき。「私はモテない!」って悩んでる人は多いと思うけど、その悩みの原因が 「他人から『○○がなくてモテないと思われる…

NHK「真剣10代しゃべり場」で1月にモテ問題を扱うらしい

http://www.nhk.or.jp/shaberiba/ 「モテる」ってどういうこと? (2006年01月27日放送) 渡辺 奈津子(神奈川・19歳) 人生にはモテ期が二、三回くらいあるとか聞きますが、私は今の今まで全く男性にモテてません。この世に生まれたからには一度くらいチヤホヤさ…

非モテ女性がテーマの小説

そう、女性非モテblogは少ないかもしれないけど、非モテ女性の心境を書いた小説では「姫野カオルコ」の作品があります。興味ある方は是非。でも姫野先生、最近は非モテ話書かなくなっちゃったので寂しい限り。 姫野カオルコの書籍(おすすめ): 小説『受難…